宮本住建

自然と共生し、健康を育む
木の住まいづくり


木を愛し、木を極める。一棟一戸、心をこめて・・・
長く住まうからこそ「木」に「技」にこだわります。


私たち宮本住建は、日本の伝統大工技術を生かしつつ、現代の生活スタイルに合わせてこの技術を受け継ぎ、さらに発展させていくことこそ真の21世紀型住まいづくりのあり方だと考えております。

日本文化の基底には自然との共生の考え方があり、そのまま住まいの文化に生かし、木の住まいとして定着してきました。私たちが進めてきた木の家とは、古来からのスタイルをそのまま継承しようというのではありません。その理念を採り入れながら現代に生かしていこうということなのです。

気密化して自然を遮り、空調機器などで制御する、季節感を無視した最近の住宅づくりとは一線を画し、自然の光・風・香りりを採り入れながら自然と共生する、環境にも人にも優しい住まいづくりを目指しているのです。




木の家は温かくてどこか懐かしい

木材は自然が育んだ優れた素材です。

  1. 木材は呼吸し、室内の温湿度を一定に保つ調整機能を持っています。
  2. 木材は適度の吸音性と遮音性を持っています。
  3. 木材は優れた断熱性を持っています。
  4. 木材には上質な光沢と質感がありしかくのもやさしい。
  5. 年輪のゆらぎが人の快感覚を刺激し、心地よさを感じさせます。
  6. 木材は適度な弾力性で衝撃を緩和します。
  7. 木材の感触の良さは快適・安全のもと。粗骨感が懐かしさを感じさせます。
  8. 木の発散する芳香物質(フィトンチッド)が気分を爽快にしてくれます。
  9. 木材は呼吸作用を通して室内にマイナスイオンを放散してくれます。
  10. 木材は多くの特性の総和として人間の情緒を育てる心の健康素材です。



創業以来受け継がれてきた
宮本住建の熱き思い・こだわり

 日本の家屋には四季折々の変化に順応しながら、風情を楽しむという美意識が息づいています。その伝統の技・心を受け継ぎ、形にしていくのが私たちの「伝統木造軸組工法」です。

 創業以来私どもは木に学び、木と遊び、木を知り、日本の住まう家づくりとして常に『永住の家』を追求してまいりました。木を選び、木を使い分け、一戸の家でつくりあげるための木を活かす伝統の技。時代が変わり日本人のライフスタイルが変わっても、本物の家はきっとあなたの大切な家族を温かく見守ります。

 そんなあなたらしさやライフスタイルに合わせた間取りなど、家づくりのプロである私たちが、とことん納得のいくまでこだわり、あなたの家をオーダーメイドで仕上げます。


会社概要

会社名 株式会社宮本住建
所在地 金沢市北寺町ホ11番地1
設立 昭和37年
連絡先 076-237-1418
主力工法 木造軸組工法
施工エリア
備 考

石川県下厳選住宅会社一覧


カタログ資料一括請求(確認画面)

ニュース・イベント情報

ウッドパーク金沢上荒屋 分譲住宅

御経塚サティ近く!!
太陽光エネルギーを使った”自然と共生する家”

場所:金沢市上荒屋2-3
提供:沢野建設工房

ウッドパーク笠舞本町 笠舞モデル分譲

子どもと、地球と、ともに暮らす
みんなにやさしい街、「笠舞本町」

場所:金沢市笠舞本町
提供:沢野建設工房